産まれたの赤ちゃんは

心と体の栄養を母親との触れ合いから「愛」をうけ

 

スクスクと育っていく。

無意識に愛を感じとりながら

言葉も理解できず、見えるものが全て初めてのことから

 

人間としてのつながりを強く感じる時期

その時期に親の(母親)感情が乱れていると

 

赤ちゃんや子どもたちは、体に異変として現れてくる

 

特にアトピーがその現れの1つとして

なかなか日常客観的に捉えられていない潜在意識の世界なので

気付けないまま、医者や薬に頼り

 

悪化して苦しむ。

 

この現状からどう?捉え整え

自然と回復させて行くかは

 

気づき又は出会いからでしか変化していけない

 

食を変え、生活の乱れを変えても

外側の世界を変えても変わらない

 

全ての答えは内側にある事を知り

内側と向き合って整えていくと

いつのまにか自然と無くなっていく。

 

これが自然な事なのに

部分だけを治そうとする医者や薬だけに頼り

 

それ理屈さえ理解できないまま

 

自然治癒力を使わず何かのせいにし

わからないままに薬り頼り続ける。

 

気付きとは

自分と向き合うことのキッカケに気付けないことであって

 

そこから何を感じ気付き、そこから学ぶか?

気づきのチャンスを流してしまうと

 

後で痛い目にあう自分たちがそうであったように

気をつけてください。

私達の子供も薬だけでなく、様々な

治療探しをしたがどれもあやふやな

化学的なことだけで解決の糸口が見つからなく

時を過ごした経験から今となっては

その答えを見つけた。

 

ベビー・子供服に24年携わってきた経験からも

日々家族と触れ合う仕事をしていると確信して言える。